IMMD-mode-m | true talk etc.
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
【STOK SELECT】Vitamall デジタル グレーカード ホワイトバランス ポータブルカードタイプ
【STOK SELECT】Vitamall デジタル グレーカード ホワイトバランス ポータブルカードタイプ (JUGEMレビュー »)

素材は残念だがあれば便利。コストの面から考えれば「コスパは高い」。
ZOOM RC4 【H4n専用リモートコントローラー】
ZOOM RC4 【H4n専用リモートコントローラー】 (JUGEMレビュー »)

「あれば便利」レベルだが、在庫あるうちに。
可変式 NDフィルター New-View Pro Fader ND 77mm [減光範囲 ND2~ND400]
可変式 NDフィルター New-View Pro Fader ND 77mm [減光範囲 ND2~ND400] (JUGEMレビュー »)

レンズやカメラ本体のセンサーとの相性もあるだろうが、プロダクト精度踏まえコスパの高い良品。
JJC 3in1 デジタル グレーカード ホワイトバランス GC-2 ポータブルカードタイプ
JJC 3in1 デジタル グレーカード ホワイトバランス GC-2 ポータブルカードタイプ (JUGEMレビュー »)

撮影時ホワイトバランスとるのに使用。
カードサイズなので機材が多いときや
ワンマンオペレーションの現場で重宝。
電子レリーズ、タイマーリモートコントローラーCANON EOS用 TM‐A
電子レリーズ、タイマーリモートコントローラーCANON EOS用 TM‐A (JUGEMレビュー »)

見た目や質感はコストなりのものだが充分実用レベル。コストパフォーマンスの高い1品。 7Dで使用可能。
PLANEX ゲーム機、デジカメ、携帯電話など51種類のメディアに対応したUSBカードリーダ&ライター PL-CR51U
PLANEX ゲーム機、デジカメ、携帯電話など51種類のメディアに対応したUSBカードリーダ&ライター PL-CR51U (JUGEMレビュー »)

これ、かなりコストパフォーマンスが高い。DTM機材で一昔前のメディアを使用するタイプの機材使いには重宝。
Saitek Cyborg Command unit ゲーミングに最適な左手用キーボード
Saitek Cyborg Command unit ゲーミングに最適な左手用キーボード (JUGEMレビュー »)

アプリケーションのショートカットを登録。作業スピードの効率化を計る
Flash Math Creativity
Flash Math Creativity (JUGEMレビュー »)
J. D.Amie Hooge,Ken Jokol,Ty Lettau,Lifaros,Jamie Macdonald,Gabriel Mulzer,Pavel Kaluzhny,Paul Prudence,Glen Rhodes,Manny Tan,Jared Tarbell,Brandon Williams
<< ArtWork_雑感 | main | 151203_雑感 >>
MAYA2016 with Softimage 他
category: 覚書(CG・Movie・Sound・Program・etc) | author: stone
0
     ようやくMAYA2016 with Softimageセットアップおよび環境構築完。

    mayaはセットアップからサービスパックのパッチの当て方など、まったくの白紙からの
    トライだったので困惑しっぱなしだったが、なんとか。。。

    無事単独起動テストも終えて同時起動も確認。


    しかし、Mayaに関してはまったくの白紙。

    プレビューレンダリングすらできない。

    いやぁ。。。

    先が思いやられる。

    Softimageだとしたいことや、やらないといけないことのスキームを脳内イメージできて
    結果にすぐ反映させることができるが、その感覚がMayaにはまったく皆無。

    同じような感触を得れるまで、どのくらいのタイムコストがかかるのか?

    考えると憂鬱。

    ひとまずショートカットとか移行しながら、ボチボチと。。。

    きっちり触りだすのは来年、アートワーク制作おわりからかなぁ?。。。。

    がんばんべ。



    話転 「ArtWorks Cut4」

    Cut4のベースマテリアルおよびライティングを決定。



    レンダリング1発の絵。

    シュミレーションのアニメはついてるから後は、コンポジット用にパスわけを追い込む。

    もうちょっと反射とライティング煮詰めるか?

    しばしトライアンドエラー。

    思いのほか、ノーマルマップでいらぬ手間とタイムコストがかかったが
    マテリアル、ライティングのデェフォ値のアタリが早くついたのはうれしい誤算。

    生まれた時間で制度だしに励む。

    しかし。。。使ってるIBLが雰囲気的にかぶるなぁ・・・

    新たなIBLを仕入れるか、制作するか? やんないとね。。。

    自作IBLもキチンと撮影した素材から作るHDRIは十分使えるしね。

    その辺りも来年か?

    とにかく遅れが出てるArtWorksの制作が急務。

    アーざす。
    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






    この記事のトラックバックURL : http://mlog.immd.info/trackback/1579998
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    • プロジェクションマッピングテスト その3
      Stone (04/25)
    • プロジェクションマッピングテスト その3
      Yuton (04/25)
    • TechnicalTest. Vol021. TT spin off
      stone (04/06)
    • TechnicalTest. Vol021. TT spin off
      yuta (04/06)
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH